#

オーストラリアに持っていくもの

持ち物

持ち物リスト

長く滞在する場合、非常に悩むと思いますが、以下を参考に、できるだけ身軽で行きましょう! 沢山持っていっても結局使わずに、高い送料をかけて送り返すのはもったいないです!

品名 必要度 コメント
現金(A$) 最低限到着時の電話代やちょっとした買い物の為。 日本より、現地の市内の両替所の方がレートが良い。
トラベラーズチェック(T/C) T/Cの番号は全部控えておく。 現金に両替するよりもレートが良く、紛失にも対応。
海外旅行傷害保険証券 絶対に必要。必要な分だけを掛けられる。 控えは自宅に保管。
クレジットカード 海外では身分証明書代わりになる。 使わない人も入会費年間費無料のものを1枚作ろう!
重要書類のコピー パスポート、航空券、保険証券、クレジットカードの詳細と紛失時の連絡先。
国際運転免許証 現地で運転でき、レンタカーも借りられる。 身分証明証代わりにもなる。 有効期限は、発行日から1年間。
日本の運転免許証 国際運転免許証だけではなく、同時に日本の免許証も携帯しなければならない。
国際学生証(国際青年証) 交通機関や、各所で入園料などの割引が受けられます。 (現在学生でなければ、国際青年証が作れる。 条件などは若干変わる。)
ユースホステル会員証 安宿(バックパッカーズ)の宿泊割引、長距離バスや各種ツアーの割引。
証明書用写真 仕事を探すときに必要。 現地でも撮れるが日本の方が安い。
日本での写真(家族、友達、恋人) 会話のネタになる。 それぞれについて英語で説明できるようにしておくと良い。 かさばるので、たくさん持っていきすぎないように。
連絡先を控えたもの 日本の友達や親戚の住所、Eメールアドレスなど。 現地からポストカードを出すと喜んでもらえるでしょう。
デジタルカメラ 電化製品全般は、現地で買うとかなり割高。 充電には、電圧を確認してボルトに応じた変圧器が必要。
メモリースティック 電化製品全般は、現地で買うとかなり割高。 2枚以上あると尚良い。 現地でもプリントやCD焼付けもできます。
使い捨てカメラ 万が一のカメラの故障に備えて。
目覚まし時計 小型のものを。
腕時計 あまり高価ではないものを。
電卓 あれば便利。 携帯電話でも機能はありますが、非常に使いづらい。
予備の電池 電子辞書や、目覚まし用に。 単三・単四と2~4本づつ位あれば良い。 現地では、かなり割高。
下着類 最低1週間分以上。
ズボン 最低2着以上、動きやすいもの。
靴下 最低1週間分以上。
ストッキング 必要であれば。 日本製の方が良い。
正装 かしこまり過ぎなくて良いが、ある程度きちんとした上下1着分があると良い。
上着 土地に合わせたものを。 南に下るほどダウンがあってもいいほど冷え込む。
部屋着 パジャマ代わりにもなるもの。 ジャージなどラクなものを。
スニーカー、サンダル(ヒールはあまり履かなくなる)、ビーチサンダルがあれば十分。
帽子 紫外線がものすごく強い。
サングラス 日差しが強いので、目の保護のためには必要。
手袋 土地によっては、結構寒い。(冬) 現地でも買える。
水着 現地でも買える。(ビキニはパッドなしがほとんど) プール、海と使う機会は多い。
ハンカチ 乾燥していて汗もそれほど出ないし、あまり使わなくなる。
タオル、バスタオル 日本製の方が良い。 バスタオルは、シャワー用とビーチ用2枚あれば十分。
折りたたみ傘 日本製の方が良い。 現地でも$5ほどで買えるが、すぐ壊れる。
生理用品 日本製の方が断然良いし、断然安い。 持てるだけ持っていくべき。
耳かき 現地ではあまり売っていない。 日本製の方が良い。
爪切り 日本製の方が良い。
裁縫道具 最低限、針数本と白黒の糸があれば良い。 洗濯機の威力が強くてボタンなどすぐとれる。
ポケットティッシュ 日本では無料、現地では紙が高いので、ひとつ$1ほどする! スペースに余裕があれば忍ばせておこう!
歯ブラシ・歯磨き粉 最初の分持って行けばいいでしょう。 ちなみに歯ブラシは断然日本製の方が良い。
シャンプー・リンス・ボディソープ 最低限、最初の1週間分はあると良い。 着いてすぐに買い物に行けるとは限らないので。
髭剃り 現地のものは刃が粗いです。
化粧品・スキンケア用品 人によっては、現地のものは肌に合わない。
ドライヤー 持っていくなら、電圧を確認してボルトに応じた変圧器が必要。 現地でも安いものは$10ほどで買える。
吊るすもの 洗濯ばさみ付の靴下や下着を数枚つるせるもの。かなり重宝する。
電子辞書 最低限、英和・和英・国語辞書(意外と必要!)が入ったコンパクトなもの。
英文法参考書(基本レベルでOK) 「勉強する為!」というより、だんだんわかってきたけど自信のない文法を「確認する為!」にあると良い。 自信を持って使えるようになる。
筆記用具 現地は文具が高い。安いものは質が悪い。 ペン類、はさみは絶対。 必要ならノート、のり、テープなど。
ガイドブック 「地球の歩き方」が一番良いでしょう。 もっと細かく載っているのは「ロンリープラネット」。 ラウンドするならおすすめ! ただちょっと高くて、重い!
おみやげ ホームステイ先へはもちろん、後でお世話になった方達に渡せるように小さな高くない日本的なものを10個位持っていくと良い。とても喜ばれる!
薬類 必要と思われるものを持っていくと安心。ただ現地でカゼをひいても、ウィルスが違うので日本製のものは効かないこともある。
日本食 検疫でひっかかるものは、持ち込まないこと。もちろん割高ですが、現地でもほとんどのものが購入できます。
日本の歌(特に気に入っているもの) 恋しくなることもあります。聴くと落ち着くでしょう。 ただせっかく海外に行くのだから、リスニング力UPの為にも洋楽を聴くと良い。
ポータブルオーディオ 部屋にいる時、移動の時、長距離バスなどで旅行する時に。 電圧を確認してボルトに応じた変圧器が必要。 電化製品は現地で買うとかなり割高。
寝袋 現地で買えます。安いと$10で買えるが、かなり大きくてかさばる。ラウンドするなら高くてもコンパクトになるものを。荷物は少ないに限る!
南京錠・チェーン 持っておくと、ラウンド中などいざという時に便利。