#

公的手続きについて

手続き

ワーキングホリデーで長期的に日本を離れる場合には、渡航前にしておく必要がある公的手続きがあります。
(この手続きは人によって異なります)

国民年金&国民健康保険証

海外転出届を出す場合

どちらも国民の加入義務がありますが、ワーキングホリデーや3ヶ月以上の留学の場合は、市町村区に海外転出届を出した場合のみ、加入する必要がありません。
国民健康保険に関しては、日本で生活をしていなく、日本の病院に行くことはないので加入を停止して問題ないです。

マメ知識
国民健康保険は海外での治療にはまったく関係ないと思われている方もいますが、実は海外での治療にも利用できます。ただ全て現地で立替をし、日本で精算となるのでの留学には適していません。よって立替えせずに治療の出来る、きちんとした留学保険に入る必要性があります。

国民年金に関しては継続するか停止するかはあくまでも任意です。転出届を出していれば、支払の免除申請が出来ます。ただ、将来に受け取れる年金額には反映されない1年間となります。この辺はどちらがいいかは個人の判断となります。

マメ知識
国民年金は未払いの月から換算して2年以内は支払が可能なので、現金の必要なワーキングホリデー中は免除申請を出して、帰国後に仕事に就いてから支払する形をお勧めします。

海外転出届を出さない場合

転出届を出さない場合は、国民年金・国民健康保険とも加入する義務があります。

住民税に関して

海外転出届を出す場合

住民税は1月1日に日本国内の市町村に住所がある場合に前年の所得に応じて課税されます。海外転出届を出し、翌年の1月1日に日本国内に住所がない場合はその年分の住民税はかかりませんが、今年分の住民税で納付が済んでいない分は納付しなければなりません。

海外転出届を出さない場合

留学・ワーキングホリデー中でも前年の所得に応じて住民税がかかります。

国際免許の取得

免許更新

各都道府県の免許センターにて国際免許を取得出来ます。
以下の書類があれば、空いていれば10~20分程度で発行されますので、日本で普通免許がある方は利用する予定がなくても、ご持参されることをお勧めします。

必要な書類

  • 国外免許証交付申請書(免許センターにて入手&記入)
  • パスポート
  • 免許証(残存が1年以上必要)
  • 免許証用写真1枚 5.0×4.0センチ

申請場所や受付時間、詳細は各都道府県警察の運転免許センター等にお問い合わせ下さい。

各種身分証明書

運転免許証、パスポート、クレジットカードなど、ワーキングホリデーで滞在中に有効期限が切れてしまうものに関しては、有効期限が1年を切った時点で更新の申請が出来ますので、事前に日本で手続きを済ませていくことをお勧めします。現地でやるのは手間とお金が余分にかかります。

パスポートの更新が必要な際は、必ず更新をしてからビザの申請はして下さい。そうでないと過去のパスポートも常に持参をしないといけない状況になります。