#

渡航前サポートプラン

ワーキングホリデーに安心して出発!現地ではフリープラン!

tokomae

プラン内容

  • ワーキングホリデービザの手配
    • インターネットの個人サイトでワーキングホリデー(ワーホリ)ビザ申請手順が記載されていたりしますが、誰が用意したものか分からないものを頼りにして万が一のことがあるよりも、しっかりとした専門会社に手配をしてもらった方が安心できます。ちなみにオーストラリアのワーキングホリデー(ワーホリ)VISAの申請サイトは全て英語になります。時間をかければ自分でできなくもないですが、サイト内は以外と複雑で申請フォームにたどり着くのも一苦労、英文を訳す時間がかかる、内容を理解していないと入国審査でビザが必要と知らずに何も持たないで渡航してしまうケースがあります。ビザ申請はワーキングホリデー(ワーホリ)に向けての最初の手続きですので、スムーズに取れるようにお手伝いします。
  • 格安航空券の手配
    • これは知っている人、知らない人で本当に差が出るものです。格安航空券は安くなるタイミングがありますので、予定していた希望出発日を少しずらせば大幅に値段が下がることもあります。また、予めVISAを取得していないとワーキングホリデー(ワーホリ)専用チケットが予約できなかったり、片道と往復チケットをどちらがよりメリットあるかと比べたりと抑えるポイントは多々あります。このようになるべく安く、なるべく楽に、なるべくお得に、という要望を聞いた上でアドバイス・手配ができます。
  • 無駄のない海外旅行保険手配
    • ワーキングホリデー(ワーホリ)は約1年にも及び長期生活です。初めて旅行ではない海外生活に挑戦する人も多いと思いますが、ワーキングホリデー(ワーホリ)のような長期生活では慣れない環境での生活で体調も崩しやすいのが事実です。急な病気・怪我のことをあまり考えずに安さばかりを求めた保険ではそれなりの保証しか期待できません。逆に、保険会社がセットで作っている留学保険では、ワーキングホリデー(ワーホリ)渡航者のための保険ではないので、余計なものや一切使わないものが含まれていて高額だったりと片寄りがちです。そのあたりワーキングホリデー(ワーホリ)専門会社のICCでは過去のワーキングホリデー(ワーホリ)渡航者のためのワーホリ保険を用意しました。費用を抑えたい人向けのプランから内容重視のプランまで皆さんの予算と要望に合わせたワーキングホリデー専用保険の加入ができます。
  • 国際免許証、転出届(国民年金、健康保険の停止など)の手続きアドバイス
  • 渡航までの事前準備相談(メール・電話・来訪)
  • ワーキングホリデー現地生活お助けしおり

こんなにサポートがついて万全準備で出発できます。