#

こんなときに役に立つ保険

保険3

こんなときにお役に立ちます。海外旅行保険補償内容

補償項目 補償説明
傷害死亡 海外旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合
傷害後遺傷害 海外旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、事故発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合
治療・救援費用
※ この設定が一番大事です!
[傷害治療]
海外旅行中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で、医師の治療を受けられた場合
[疾病治療]
① 海外旅行開始後に発病した病気が原因で、海外旅行中または旅行終了後72時間以内に医師治療を受けられた場合(ただし、その病気の原因が旅行中に発生したものに限ります。)
② 海外旅行中に感染した特定の感染症が原因で、旅行終了後からその日を含めて30日を経過するまでに医師の治療を受けられた場合(特定の感染症についての詳細はパンフレットをご覧ください。)
[救援]
海外旅行中に
① 事故によるケガが原因で、事故発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合
② 事故によるケガをされ、または発病した病気により3日以上継続された場合(旅行中に医師の治療を開始した場合に限ります。)
③ 病気により死亡された場合
④ 発病した病気により、旅行終了後からその日を含めて30日以内に死亡された場合(旅行ちゅに医師の治療を開始した場合に限ります。)
⑤ その他詳細はパンフレットをご覧ください。
疾病死亡 ① 海外旅行中に病気により死亡された場合
② 海外旅行開始後に発病した病気が原因で旅行終了後72時間を経過するまでに医師の治療を受け、旅行終了日からその日を含めて30日以内に死亡された場合(ただし、旅行終了後に発病した容器については、原因が旅行中に発生したものに限ります。)
③ 海外旅行中に感染した特定の感染症(治療・救援費用に同じ)が原因で、旅行終了日からその日を含めて30日以内に死亡された場合
賠償責任 (寮・ホームステイで生活する場合)
海外旅行中にあやまって他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合
賠償責任(滞在用) (アパート・借家で生活する場合)
被保険者が、海外旅行中の日常生活に起因する事故・または被保険者の旅行の目的(留学など)のための宿泊・居住施設の所有・使用、または管理に起因する事故によって、他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりして損害を与え、法律上の損害・賠償責任を負った場合
携行品 海外旅行中に、被保険者が携行する身の回り品(カメラ、衣類、航空券、旅券など)但し、現金、小切手、クレジットカード、定期券、コンタクトレンズ、各種書類、サーフィン、ウィンドサーフィンなどの用具などは含みません。
生活用動産(滞在用) 海外旅行中の携行品(カメラ、宝石、衣類など)および被保険者の海外滞在のための宿泊施設・居住施設に保管中の被保険者所有の物が盗難・破損・火災などの偶然な事故にあって損害を受けた場合。
但し、携行品とは被保険者が携行する身の回り品(カメラ、衣類、航空券、旅券など)を指し、現金、小切手、クレジットカード、定期券、コンタクトレンズ、各種書類、サーフィン、ウィンドサーフィンなどの用具などは含みません。
航空機寄託手荷物遅延 被保険者が航空会社に運輸を寄託した手荷物が、被保険者が乗客として登場する航空機の到着後6時間以内に予定していた目的地に運搬されなかった場合
航空機遅延 被保険者が搭乗する予定だった航空機が出発予定時刻から6時間以上の出発遅延、欠航、運休もしくは搭乗予約受付業務の不備による搭乗不能、または、搭乗した航空機の着陸地変更により、出発予定時刻から6時間以内に代替機を利用できないとき

海外旅行保険 資料請求はこちら

【取扱代理店】国際コミュニケーションセンター
【住所】〒273-0005 千葉県船橋市本町2-2-7サンテックビル6F
【電話】0120-95-6602