#

紫外線対策について

Sunglasses

オーストラリアの紫外線は日本の夏とは比べものにならないくらい強く、油断をするとヒリヒリ痛い日焼けになってしまいます。
紫外線を吸収する働きのあるオゾン層が、オーストラリアの上空では薄くなっていたり、ぽっかり穴が空いているためです。
「せっかくオーストラリアのきれいな海岸に来たんだから、こんがり小麦色のお肌になりたい」なんて軽い気持ちで考えていると、後で後悔することになります。(1年以上経っても薄っすら残ってしまいます。泣)
以下、さまざまな方法での対策を挙げました。

  • 日焼け止め
    日本の夏の時期も必須アイテムの日焼け止め。オーストラリアにもたくさんの種類の日焼け止めがあります。
    購入できる場所は日本と同様、スーパーやドラッグストアなどなど。
    ちなみに、SPF値ですが、日本は50までありますが、オーストラリアは最高が30のようです。ですから、”顔だけは絶対にSPF50じゃないと!”という方は日本から持参した方がいいかもしれません。
    また、「さらさらタイプ」、「潤い成分配合」などの日焼け止め以外の要素に対するクオリティーもやはり日本のほうが上のようです。こだわりのある方は日本からの持参をおすすめします。
  • 帽子
    オーストラリアのこどもたちは、外遊びの際に必ず帽子をかぶっています。
    幼稚園などでは帽子をかぶらなければ外で遊んではいけないという厳しいルールのもと、日焼け対策を行っています。
    オシャレのためではなく、日焼け防止のために帽子をかぶるといことは日本ではあまりないという方も、オーストラリアでは健康を守るために帽子をかぶって外出しましょう!
  • 薄手のカーディガン
    こちらは日焼け対策以外にも便利です。
    夏のオーストラリアは、お店やレストランの中など冷房が効きすぎていて寒いということもあります。
    そんなときにも薄手のカーディガンは大活躍です!